2017/09/08 23:27:08 |
銀行のカードローンは金利や限度額、信頼性や安心感の面で強い借り入れ先となっていますが、ネックとなるのは口座が必要となる点です。申し込み時点では口座がなくても問題ないとする銀行が多いですが、カードローン契約までの間に口座開設をしなければならないため、カードローン以外では使わない口座が増えることになります。口座があっても維持費がかかるわけではないので良いのですが、使いもしない銀行の口座を持っているところを家族に見られてしまうと、何か不審がられる可能性もあります。通帳の記帳がされていれば借り入れがばれてしまう可能性もあり、内緒で借りたいカードローンには適さないともいえるのです。しかし、中には銀行から...
2017/09/08 23:27:08 |
明確な定義や線引きがされているわけではありませんが、一般的に銀行系とされる借り入れ先と銀行では根本的に異なります。銀行系とされているカードローンは多くが銀行系の消費者金融を指しており、銀行はそのまま銀行となります。ざっくりと例を挙げるとすれば銀行系の消費者金融は三菱UFJフィナンシャルグループのアコムなどで、銀行は三井住友銀行などのメガバンクや地方銀行、ネット銀行などの銀行そのものです。銀行系と銀行と文字で見れば大した違いはありませんが、実際には消費者金融と銀行の違いがあるため、様々な面で借り入れの条件が異なります。特に気をつけておきたいのは総量規制の関係で、消費者金融は年収の3分の1以外の借...
2017/09/08 23:27:08 |
カードローンでお金を借りたい状況では、とにかく急ぎである場合が多いです。急ぎでなければそもそもお金を借りる必要すらないとも言え、それであれば給料日などを待てば良いです。急ぎで借りたいとするのはカードローンの基本でもあり、そういったニーズというのは銀行側もしっかりと認識をしています。そのために最近では大手銀行でもカードローンの最短即日対応を可能とするところが多くなっています。有名な銀行を見ても三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のバンクイックでは、ネット申し込み後の契約機の利用で土日でも最短即日契約や利用開始も可能となっています。銀行はほとんどが平日のみの営業となるために契約も平日の銀行営業時間内に...
2017/09/08 23:27:08 |
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のカードローンサービスとなるプロミスでは、契約後に発行されるカードが三井住友銀行のATMで便利にお得に利用ができるようになっています。通常、提携ATMでの利用は借り入れも返済も手数料がかかり、消費者金融の場合には1万円以下で100円と消費税、1万円超の利用で200円と消費税の負担となります。つまり、1万円を超える金額で借り入れを行い、1万円を超える金額の返済を行ったとすれば往復で400円と消費税の手数料負担が発生し、大きな無駄な出費となってしまうのです。借りれば利息負担が発生するカードローンにおいては、それ以外の余計なコストはなるべくならかけたくないも...
2017/09/08 23:27:08 |
昔は銀行の窓口での手続きが行えたモビットは、今では独自にサービスを提供する消費者金融となっています。自社でローン契約機を用意しており、最短即日でのカード発行で急ぎで借りたい方にも適する借り入れ先として人気を集めています。他の消費者金融でも同様のサービスは行っていますが、モビットは昔の銀行とのつながりの面からか、どちらかと言えば銀行に近いサービスとして意識がされる面もあります。特に顕著に現れているのが借り入れの目的や用途で、他の消費者金融は手軽な少額融資に留まるのに対して、モビットではある程度の金額でのおまとめや借り換えとしての利用者が多いとされています。おまとめや借り換えといった借り方は消費者...