モビットは消費者金融の中でも少し違う雰囲気

昔は銀行の窓口での手続きが行えたモビットは、今では独自にサービスを提供する消費者金融となっています。自社でローン契約機を用意しており、最短即日でのカード発行で急ぎで借りたい方にも適する借り入れ先として人気を集めています。

 

他の消費者金融でも同様のサービスは行っていますが、モビットは昔の銀行とのつながりの面からか、どちらかと言えば銀行に近いサービスとして意識がされる面もあります。特に顕著に現れているのが借り入れの目的や用途で、他の消費者金融は手軽な少額融資に留まるのに対して、モビットではある程度の金額でのおまとめや借り換えとしての利用者が多いとされています。

 

おまとめや借り換えといった借り方は消費者金融よりも銀行が強い部分ですが、モビットは消費者金融の中ではもちろん、銀行を含めて見ても強いのです。また利用者層も銀行に近いとも言われているため、モビットは消費者金融でありながら銀行に近いカードローンキャッシングサービスとなっているのです。

 

とは言え、モビットはあくまで消費者金融のため、貸金業法で定める範囲内での借り入れとなります。総量規制の年収の3分の1以外の利用であることのほかに、収入を証明する書類も必要となります。