銀行系と銀行は一般的には異なる

明確な定義や線引きがされているわけではありませんが、一般的に銀行系とされる借り入れ先と銀行では根本的に異なります。銀行系とされているカードローンは多くが銀行系の消費者金融を指しており、銀行はそのまま銀行となります。

 

ざっくりと例を挙げるとすれば銀行系の消費者金融は三菱UFJフィナンシャルグループのアコムなどで、銀行は三井住友銀行などのメガバンクや地方銀行、ネット銀行などの銀行そのものです。

 

銀行系と銀行と文字で見れば大した違いはありませんが、実際には消費者金融と銀行の違いがあるため、様々な面で借り入れの条件が異なります。特に気をつけておきたいのは総量規制の関係で、消費者金融は年収の3分の1以外の借り入れに原則的に限られるため、自身で収入が無い専業主婦の方では例外を除いて借り入れが利用できません。

 

しかし、銀行であれば専業主婦でも借りられるところなら一定額まで審査の結果次第で融資が可能となる場合があり、配偶者の安定した収入で借りる際には銀行系であっても消費者金融ではなく、専業主婦でも借りられる銀行カードローンを検討することとなります。

 

こう見ると銀行系の消費者金融にはメリットがないように見えますが、もちろん良い点もあります。その一つが手続きの早さで、上に挙げたアコムの場合であれば申し込みをしたその日のうちにアコム即日融資の契約が可能となっています。急ぎで借りたいときに便利なのが消費者金融となるため、消費者金融の中でも比較的信頼性が高い銀行系を考えてみると良いです。